1978年11月20日に『花とゆめ』(白泉社)で連載が始まり、テレビアニメや舞台化もされた魔夜峰央氏のギャグ漫画『パタリロ!』が、20日に連載40周年を迎えコミックス100巻を発売する。これにより『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『ゴルゴ13』など国内で発売されている同一タイトル作品で、100巻以上刊行された14番目の作品に。それを記念して傑作選2冊と初の公式ファンブック同時発売、サイン会の開催など、さまざまな豪華企画を展開していくことが16日、発表された。

【画像】コミックス100巻と同時発売される『パタリロ!』公式ファンブック

 同作は、マリネラ王国国王のパタリロ・ド・マリネール8世(通称:パタリロ)が周囲を巻き込んで起こす騒動を描いた物語。複数の雑誌に同時連載している時期もあり、掲載雑誌を『花とゆめ』(78~90年)、『花とゆめPLANET増刊号』(90~97年)、『別冊花とゆめ』(91~2016年)、『MELODY』(97~01年)と(09~16年)、『花LaLa online』(16~17年)に移しながら、現在は『マンガPark』で連載中。82年にテレビアニメが放送、16年と18年に加藤諒主演で舞台化もされた。

 少女漫画界のギャグ漫画としては歴代1位の長編作品で、14年に連載が終了し36年間愛された『あさりちゃん』(小学館)を超えている。連載期間の長さでは76年連載開始の『ガラスの仮面』などの方が長いが、休載や掲載雑誌の刊行ペースなどが違うため刊行する100巻は『あさりちゃん』と並ぶ大作となる。

 漫画界全体で見渡すと『キャプテン翼』、『ジョジョの奇妙な冒険』、『ドカベン』など、外伝やシリーズ累計を含んだ100巻を超えている作品はあるが、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(200巻)、『ゴルゴ13』(190巻)、『はじめの一歩』(122巻)など同一タイトル100巻以上刊行されている作品はこれまで13作品だけ。『パタリロ!』はすでにシリーズ累計で100巻以上を発売していたが、20日に発売される100巻をもって同一タイトルでも達成することになる。

 それを記念して傑作選『泣けるパタリロパタリロ! Bestセレクション―』『恋するマライヒ―パタリロ! Bestセレクション―』2冊と、初の公式ファンブックパタリロ! 99.9[トリビュートファンブック]』が、コミックス100巻と同時発売することに。ファンブックでは『ポーの一族』で知られる萩尾望都氏、『うる星やつら』『犬夜叉』の高橋留美子氏、『うしおととら』の藤田和日郎氏など、出版社の垣根を超えた漫画家からの献上画を見ることができる。

 コミックス100巻の初版限定では、ファンブックWEB企画と連動した「マリネラ王国土地権利証」が付き、権利証に記載されたマリネラナンバーとファンブックの該当ページを照らし合わせて、自分の土地を確認できる。

 また、仙台、福岡、大阪、東京でサイン会の開催や、100巻記念グッズの販売、白泉社e-net!など電子書店で20日から文庫版全50巻を100時間限定で無料開放される企画などが展開される。

■同一タイトル100巻以上刊行されている漫画(2018年11月16日現在)
1位:『こちら葛飾区亀有公園前派出所』全200巻
2位:『ゴルゴ13』連載中で190巻
3位:『ミナミの帝王』連載中で150
4位:『クッキングパパ』連載中で147
5位:『はじめの一歩』連載中で122
6位:『浮浪雲』全112
7位:『美味しんぼ』連載中で111巻
8位:『弐十手物語』全110
9位:『静かなるドン』全108
10位:『あぶさん』全107
11位:『鬼平犯科帳』連載中で105
12位:『釣りバカ日誌』連載中で100
13位:『あさりちゃん』全100

漫画『パタリロ!』コミックス第100巻 (C)魔夜峰央/白泉社


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

浮浪雲ってそんないっとたんか。てかこの中の半分くらい読んでないなw弐十手も完結してたんかーって。


7位:『美味しんぼ』連載中で111巻、連載中って再開の見込みあるのか?


もう一度、アニメ映画で復活して、当然、パタリロは「白石冬美」さんで、もうパタリロ本人と見分けつかなくなっている。


まだやってたのかパタリロwたいしたもんだ


あさりちゃんとか、よく100巻までネタが有ったなと感心する。


鬼平犯科帳マンガ化されてるの知らんかったわ。今度買って来よう。


ニコ生でアニメパタリロが配信されたことがあったね。懐かしかった。


子供の頃に、夏休みとかの再放送を(惰性で)観てました。


中の人のほとんどはもう・・・ウッ(´;ω;`) そうだパタリロ8世がタイムワープで過去から連れてくれば問題解決だな(現実逃避)


流石に世代じゃないからあんまし知らないけど・・・長いね。


最新刊あたりは主要キャラの顔がね・・・いや魔夜峰央さん大好きだけどね


80巻、幾つか過ぎてからつまんなくなった。手抜きつーか!なんつーか、ひょとして、本人描いてないのでは?


まだやってたのか(驚愕)


バンコランがもうパタコランになっちゃってて買うの止めた


悪役達が殆ど無かったかのように決着付かずでいなくなるのほんともやもやする。


なんかもう・・最新刊てか90巻辺りはホント手抜きひどい、バンコランもマライヒも全然でてこないし、タマネギもひょうたんみたいな形で◇つけただけの絵だし、、





連載40年にびっくり。そもそも現役で連載されてると思ってなかった…。今100巻を迎えるって当たり、結構スローペースなのな。(1回のページ数少な目?)