『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の都道府県を扱ったご当地ギャグ漫画『ジモトがジャパン』のテレビアニメ化が決定し、来年4月から放送されることが22日、千葉・幕張メッセで開催中の『ジャンプフェスタ2019』内の同誌のブースで発表された。9月15日より同誌で連載がスタートし、3ヶ月でテレビアニメ化が決まるのは“ジャンプ史上最速!?”との声もあるが、担当者によると「テレビアニメ化前提に連載された漫画もあり、『ジャンプ』最速とはいい切れないが、漫画連載が始まり短期間でテレビアニメ化が決まったのは異例の速さ」と明かした。これにより、同誌で連載中の20作品のうち、テレビアニメが放送&放送予定の作品は16作品となった。

【画像】地元ギャグを炸裂する主人公・日ノ本ジャパン

 同作は、故郷・山形から大都会・東京へとやってきた安孫子時生(あびこ・ときお)の前に転校早々、“都道府拳マスター”を自称する謎の同級生主人公の日ノ本ジャパン(ひのもと・じゃぱん)が現れる。47都道府県すべてを愛し、自ら全国の土地土地で編み出した47の秘伝の拳・都道府拳を操り、各地のご当地ネタを元に、ギャグを炸裂するストーリー

 10月には作品内に広告枠を設けて実際の企業や団体から掲出する「地元にまつわる広告」を無料で募集するなど話題に。地元を盛り上げたい地元企業・地方自治体に向けた企画で、各地域の町おこしや特産品、飲食店や宿泊施設、ご当地イベントの告知など「ジモト」を応援する内容の広告であれば何でも可能という施策もする地元密着な作品となっている。

 作者の林聖二氏は「ありがとうアニメ化! おそらく全地元で一番驚いているのは僕でしょう! ジャパンの地元愛をアニメでも見逃すなー!!」と喜びのコメントを寄せた。

 林氏は、山口県出身で2014年『ヒデ』で第81回赤塚賞佳作を受賞。15年に『土俵に咲く薔薇』が『少年ジャンプNEXT!! 2015 vol.3』に掲載され、デビュー。16年『週刊少年ジャンプ』本誌に掲載された読切『地球人間テラちゃん』が好評を博し、『少年ジャンプ+』で全7話の連載に。18年に都道府県を扱ったご当地ギャグ『ジモトがジャパン』の連載をスタートさせた。

■主な『週刊少年ジャンプ』作品で連載からテレビアニメが放送されるまでの期間
ONE PIECE』:1997年7月連載、1999年10月放送(約2年2ヶ月)
HUNTER×HUNTER』:1998年3月連載、1999年10月放送(約1年5ヶ月)
僕のヒーローアカデミア』:2014年7月連載、2016年4月放送(約1年9ヶ月)
Dr.STONE』:2017年3月連載、2019年7月放送予定(約2年4ヶ月)

漫画『ジモトがジャパン』コミックス1巻書影 (C)林聖二/集英社


(出典 news.nicovideo.jp)

2018年14号 ししゆんきるねさんすたひてくん思春期ルネサンス!ダビデ君 くろき ゆうしん黒木雄心 - 2018年42号 しもとかしやはんジモトがジャパン はやし せいし林聖二 - 2018年42号 ちえんそおまんチェンソーマン ふしもと たつき藤本タツキ - 2019年01号 ねおれいしよんne0;lation
97キロバイト (9,923 語) - 2018年12月16日 (日) 15:08



<このニュースへのネットの反応>

原作無しの漫画連載開始と同時に表紙でアニメ化決定を発表してる作品もあるからこの程度ならなんとも思わないな


連載から10ヶ月でアニメ化されて原作とアニメとで設定が混乱する聖闘士星矢が無いとか、このライターはゆとり世代か?


隙あらば世代マウント取り


都道府拳ってまじかる☆タルるートくんのガキ大将ジャバ夫が主人公の本丸を苛める時に使ってたような・・・相手の全身を日本列島に見立てて、該当する箇所を殴りながら県名を叫ぶ。みたいな感じで


サガとグンマーは最近別の宣伝アニメあったから採用の優先順位低そう


テラちゃんすこやったが本誌行ったんか


寧ろアニメ企画が先にあっての漫画連載なんじゃないの?『EVA』もそんな感じだったよね。


都道府拳の系統は大昔から在るが(つーかジャンプ作品のギャグ拳法は殆コレ。福岡拳とかサイタマ拳とか。)


漫画がクソつまらないのにアニメ化されましてもねえ


古いのでいうとマジンガーZが連載開始から2か月後アニメ放送開始とこっちの方が最速だと思うんだけど。まあもっともマジンガーZはメディアミックス前提で描かれてた側面もあるような気もするけど。


かつてジャンプに「熊本拳」という作品がありまして(ry


この2コメは別に世代マウントとかじゃないと思うが?一応ゆとり世代が生まれた頃くらいにアニメが始まって終わったんだから。まぁ偏見だと思うがオメガで興味出て調べたやつが大半だろうゆとり世代で漫画原作ってのを知ってるのは


ベラベラベラ


個人的にはダビデ君のほうが好きです(小声)ジャパンは、ますらお君一人で持ってる感がある。ギャグのノリが寒くてちょっときつい。コロコロなら受けてた気がする


トキオの表情とヒデがマスラオよりシティボーイ風なのが面白い


コロコロ漫画みてえだな


ご当地系はスポンサー集めやすいんだろうねえ


さくまあきらの「だからマンガ大好き!」(1982年集英社)によると、当時の週刊漫画雑誌では連載が始まるとヒットするか分からないうちから数社からアニメ化のオファーが来てたそうだ。36年前から変わってないのか


スタートして3か月でネタ切れ感満載なギャグマンガアニメ化してどうすんねん・・・





早くアニメ化するのはいいけど、ちゃんとした出来なのか?

早かろう悪かろうになってないかねー?