全国各地で行われるコミックマーケットをはじめとした同人誌即売会では、アニメゲームなどのキャラクターに扮するコスプレが人気だ。プロコスプレイヤーとは、コスプレを職業とし、コスプレの仕事で生計を立てている人のことをさす。

 今田耕司、飯尾和樹、いとうあさこがMCを務める『いの一番』が、AbemaTV(アベマTV)のバラステ枠(毎週日曜よる放送中)で放送され、プロコスプレイヤーのえなこが登場。成功の秘訣からプライベートまでを深掘りした。


 日本で最初に“プロコスプレイヤー”と呼ばれたえなこは、コミケコミックマーケット)や撮影会などを活動の場としており、人気雑誌の『週刊ヤングジャンプ』で表紙グラビアを飾った経験もある。地震・豪雨災害の被災地支援のために、チャリティー撮影会も主催し、義援金268万円が集まったという。

 今でこそプロコスプレイヤーとして活躍しているえなこだが、最初は趣味でコスプレを始めただけだった。一時は学業に専念するため、コスプレ活動を休止。時間ができたため、それまで経験のなかったメイドカフェアルバイトをどうしてもやりたいと思い立ち、地元・名古屋アルバイトを始めた。

ファンの女性が東京からバイト先までやって来て『またコスプレやらないんですか?』と聞いてくれた。そのときは『今は学生生活とバイトが楽しいので』と答えたのですが、その後も何度かバイト先に来てくれて『(コスプレに)戻らないんですか?』と声をかけてくれた。だんだん『もう一度やってもいいかな』と思うようになって、また活動を始めたんです」


 ファンの熱烈な要望に応え、えなこは3~4年ほど前にコスプレイヤーとして復帰。今ではプロコスプレイヤーと呼ばれるまでになった。大好きな趣味が仕事になったことで、えなこは「世界が180度変わった」と語る。


「大切なのは、コスプレをするキャラクターイメージを壊さないこと。アニメゲームが好きという気持ちを忘れないこと。好きなキャラクターを尊いと思うこと。もともと、アニメ・ゲームが好きでコスプレをやるようになった。キャラクターを大切にしたいという思いが強いので、この気持ちを忘れないことで、よりコスプレに気持ちが入る」


 「何歳までコスプレをやりたい?」と聞かれたえなこは「キャラクターの中には、歳をとらないとできないキャラクターもいるので、コスプレの可能性は無限だと思う」といい、「私が飽きるまで、好きなだけ好きなようにやっていきたいと思います」と、まさにプロの“神回答”。これからもコスプレを続けることを宣言した。


『いの一番』コスプレ美女・えなこのグラビア(8分ごろ〜)▶︎動画はこちら【期間限定・無料】


▼【バラステ】『いの一番』
【期間限定で無料視聴が可能】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)



(出典 news.nicovideo.jp)

えなこ(1994年1月22日 - )は、日本の女性コスプレイヤー、歌手、声優。Carnival所属。女性アイドルグループパナシェ!の元メンバー。愛知県名古屋市出身。 パナシェ!解散後に引退するもファンの熱い誘いに負け復帰する。TV、インターネット番組や国内外の企業イベントコンパニオンに出演している。
72キロバイト (8,742 語) - 2018年12月4日 (火) 08:32



<このニュースへのネットの反応>

めっちゃ美容整形してアンチエイジング頑張って10代のキャラやり続けてそう


あ、芸能生活ってあるから、芸能事務所所属って事? でもスタイルよくて綺麗な子多いよね。


男性のプロコスプレイヤーは誕生しないんやろな…。


レイヤーにプロとかいるのかよ。


初ってまじか


どうせ修正しまくるんだから80ぐらいのシワシワのババアでもできるだろ


いいんじゃない?本当に楽しいと思えるものは何年やっても。あっしはコス歴10年のアマレイヤーだけど生涯現役でやりたいし。


一番下の画像がじわる。やっぱり修正してないとこの程度なんだな。それとも年齢による劣化?


日本初だったのか。





プロコスプレイヤー…確かに尋常じゃないくらい金かけてるのがわかる。ほぼ芸能活動だよね。