漫画家雷句誠さんが2019年1月4日、代表作「金色のガッシュ!!」をめぐるデマをブログで否定した。

インターネット上の一部で、同作の最終エピソードが「引き伸ばしで無理やり書かされた話」との誤った情報が広まっていたという。こうした情報について雷句さんは、「出所のわからないガセネタ」だとして、「余分な話など一切ありません」と訴えている。

「なぜこんな噂が流れたのか」

雷句さんは4日朝、「クリア編のデマについて...」と題してブログを更新。01年から08年まで、週刊少年サンデー小学館)で連載していた代表作「ガッシュ」の最終エピソードクリア編について、

クリア編は、雷句誠は描く予定がなく、本当は(編注・1つ前の)ファウード編で終了する予定だった」

といったデマが広まっていると指摘。「なぜこんな噂が流れたのかは知りません。結構昔からネットではこのデマを見かけていました」ともつづっている。

実際、一部のまとめサイトQ&Aサイト上には、「クリア編は描きたくて描いたわけじゃなかったらしいな」「引き伸ばしは編集の意向、との話を聞いた」といった書き込みが数多く寄せられていた。

こうした状況について、雷句さんは今回のブログで「出所のわからないガセネタによって、 クリア編は雷句誠は描く気が無かった。なんて噂が流れてたのです。 それは違います」ときっぱり否定。

その上で、編集サイドから引き伸ばしの提案があったことは事実だが、自身としては無理な引き伸ばしをする気はなく、そうした提案は断っていたなどとして、

クリア編は元々やろうとしていたお話で、引き伸ばしで無理やり書かされた話ではありません」

と強く訴えていた。

「余分な話など一切ありません」

さらに雷句さんは、魔界の王様を決めるというガッシュストーリーを引き合いに、

「第一、クリア編描かなかったら、王様決まらないじゃないですか?皆さんがここまで愛してくれたガッシュを、王様を決めずに終わらせるなんて、できるわけがありません」

と強調。ブログの終わりでは、

「『金色のガッシュ!!』 はこの内容で、全てを描ききり、悔いは無く、満足しています。自分なりに責任を持って最後まで描き上げた漫画です。余分な話など一切ありませんし、すべてのエピソードキャラを愛しています」

と作品への愛着をつづっていた。

このように、ネット上の誤情報を作者本人が否定したことについて、雷句さんのツイッターには、

「作者がちゃんと正式にデマを訂正してくださることはファンも嬉しいと思います」
「恥ずかしながら、デマに流されずっと勘違いをしていました」
「そんなデマあったんですね。ガッシュはどの漫画よりもきれいに終わってると思います」

といった感謝のリプライ(返信)が寄せられている。

「金色のガッシュ!! 完全版」1巻の表紙


(出典 news.nicovideo.jp)

金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日本の漫画作品。略称は「ガッシュ」「ガッシュベル」。『週刊少年サンデー』2001年6号から2008年新年4・5合併号(2007年の最終号)まで連載された。単行本は全33巻。各話数はそれぞれ「Level
92キロバイト (11,309 語) - 2018年12月5日 (水) 00:05



<このニュースへのネットの反応>

クリア編を連載リアルタイムで読んでたけどあれをみて「むりやり描かされてる」感なんて微塵も感じられなかったぞ。むしろようやくクライマックス編をじっくり書いて有終の美になると予感してたレベル。それよりも雷句はアニメのゼオンが最後ただ嫉妬するだけの腹立つキャラになってしまったことになんか複雑な思いないのかとか不安だった。


魔界に帰った仲間やライバルの最強技を使う王道展開が熱すぎたクリア編


アニメで改変してファウード編で終わらせたからじゃないの?


あとクリア編終わったブラゴとの決戦は有耶無耶にされたらどうしようと思ってたけどちゃんとアニメラストの「俺たちの最終決戦はこれからだ…」にきちんと繋げてくれてほんとうれしかったゾ


これってサンデーともめてたときにもこの説明あったはずなんだけどな。 サンデーは引き伸ばしの提案をしてきたけど雷句さんは断って自分の思ってたとおりの終わり方にしたって説明してたと思うよ。


■ この【Jキャスト】自体が「朝日新聞の電子版」であり「ダミー会社」です。■記者も経営陣も全員が朝日新聞の政治記者。■発行人は『AERA』元編集長の蜷川真夫 ■初代編集長は『週刊朝日』元編集長の大森千明 ■編集長は朝日新聞で取締役編集担当の杉浦信之 ■『ERA編集長や朝日新聞出版社長などを務めた宇留間和基 ■ニコニコニュース編集長の亀松太郎が副編集長 ■


■ フェイクニュースの親玉「朝日新聞」が、自社の名前を出さずに世論誘導する為に作ったのがこの【Jキャスト】です。これを「ソースロンダリング」「記事洗浄」「迂回記事」と言う。 この記事は朝日の記者が書いてると解釈すればよい。


要するにクリアがかすむぐらいゼオンのインパクト強すぎたんだよ。からサーの銀金兄弟のパロなのに(違う


ロクに作品読んですらいない編集者がキャラに合わないエピソードや引き延ばしを提案してくる的な話は巻末漫画かなんかで読んだ気がするな。その辺が誤解の一因かもという気はするが、クリア編が引き延ばしなんて感じはまるでしなかったな。むしろ見事に終わるべき時に終わった漫画という印象だった。


(自分でうっかり)骨折して休載してた時期あったし、その後はタッチがちょっと変わったからその辺りの事を指してるのかな?この人は編集者(のやる気のなさ)によく怒ったくらいに自分の筋は通す人だから、脱線はあれど無駄な引き延ばしは無いと思うぞ。


ドラゴンボールも「セル編で終わるはずだった」とか言われますし(真偽は知ったことでないですが)、こういう説を語りたくなる下地はあるみたいですね。


みんなこういうの言いたいんだから仕方ない。


ちなみに、この人はかなりの熱血漢でいらっしゃる。変な絵をかくのに。変な絵をかくのに。


ファウードの印象があまりに強すぎてファウード編の内容はけっこう思い出せるのだけれど、クリア編とかいきなり言われても、内容が全く思い出せない・・・そういえば、アニメもファウードを倒した時点で終わったんじゃなかったか


【拡散希望】は拡散しない事にしてる


正直、今更感しかない





ファウード終わった時点で未消化の伏線3つくらいあったしなあ。それより原稿紛失の話ってもう風化しちゃったのかな