1月15日深夜、テレビ東京などでついにアニメけものフレンズ2」(けもフレ2)の1話が放送されました。良くも悪くも放送前から大きな話題になっていましたが、果たして視聴者の反応はどのようなものだったのか調べてみました。

【画像で見る】「けもフレ2」ポジティブな意見とネガティブな意見の割合


●さまざまな感情入り交じる「けものフレンズ2

 「けものフレンズ2」は、メディアミックスの「けものフレンズプロジェクト」による作品。2017年1月~3月にに初代「けものフレンズ」のテレビアニメが放送を開始し、大きな人気となりました。しかし、同年9月に脚本やCGなども手掛けたたつき監督が降板。以降、ファンの間では動揺が広がり続けていました。

 いまだ納得していないファンもいると思われるなかでの続編とあり、期待と不安が入り交じるなかでの放送となった「けもフレ2」1話。一体どのような声があがっていたのでしょうか。


●一話のあらすじ

 フレンズたちが平和に暮らしているジャパリパークカラカルは森の中で、迷子になった子供を発見する。その子供を助けてあげるために、一緒に冒険を始めることにしたサーバルカラカル。途中で出会ったフレンズたちにもヒントをもらいつつ進むサーバルたち。しかし、旅立ったばかりの一行に思わぬピンチが訪れる……!?


●「けもフレ2 第一話」の盛り上がり

 放送前からある程度の盛り上がりが見えますが、やはり放送当日に言及数が大きく伸びています。


●「けもフレ2 第一話」のネガポジ

 94.6%と圧倒的にポジティブです。放送前は不安視する声もありましたが、いざ始まってみれば多くの人が楽しめていたようでした。

 注目されたつぶやきとしては、新たにメインキャラクターになると思われるキュルルちゃんに言及するものが多く見受けられました。ポジティブな意見としては、「かわいさ」に触れる声が多数。また、先行上映会参加組の意見もポジティブなものが多かったようです。ただし、やはり満足行かないというネガティブな声もあります。

 一緒につぶやかれた言葉は、1期の主人公「かばん」ちゃんへ関するものが最多。「かばんちゃんどこ」や、「かばんちゃんとの記憶が曖昧」などがつぶやかれていましたが、今後出てくるのでしょうか。全体的には、「面白い」「可愛い」などポジティブな意見が多いようです。

 大荒れになるのではないかという思いもありましたが、杞憂(きゆう)だったようで、多くの人が楽しめているようでした。初代のような感動のフィナーレを迎えられるのか、今から続きが楽しみですね。

「けものフレンズ2」1話


(出典 news.nicovideo.jp)

トによる『けものフレンズ』を原作とするテレビアニメ作品。2017年1月より3月までテレビ東京ほかで第1期が放送され、2019年1月より第2期『けものフレンズ2』がテレビ東京ほかで放送。動物が人間の姿をした「フレンズ」と呼ばれる少女たちが暮らすサファリパーク型動物園「ジャパリパーク」を舞台に、パークに
197キロバイト (23,856 語) - 2019年1月16日 (水) 05:21



<このニュースへのネットの反応>

かばんちゃんをチラつかせてしまったせいで「1期とは別物」として見られなくなったし、新主人公のはずのキュルルよりかばんちゃんの行方の方が気になるという。あと笑顔でセルリアン倒したりカルガモ置いて逃げたサーバルちゃんにも違和感。何より「食べないで~」のくだりは真顔になった


杞憂 とても良かった 30.9%


サーバルのアゴ丸い


1期最終回で旅立ったかばんちゃんとサーバルのごこくちほーの旅が見たかったです(マジで


作品単体でみれば普通オブ普通今後の展開によっては盛り上がったり冷めたりは全然あり得るただどうしても一期とそのあとのゴタゴタがちらついてしまうこれは仕方ないね


普通に面白かったよ。


騒いでたのって、ほんの少しの声のでかい粘着質だけだったと証明されたでち


掌返しが見たいです


…ネガティブなコメントのある記事を下げまくってるだけなんだがね


続編…のように見せたかった何か。けもフレ特有の動物園のお兄さんお姉さんの下りはないし「食べないで〜」のゴリ押し感やなんやかんやが要らなかった。1話だけだからまだなんとも言い難いが、正味続編としてじゃなくせめて1期と同じ時間軸で起きた別の出来事の体裁の方が良かったのでは?


てらいし>そういうわけにはいかないのよ、KADOKAWAアニメ事業部はけものフレンズ「シリーズ」がたつき「なんか」ではなく自分たちの手で作られたものだとアピールしたいから


アンチが必死にコメして草生えたゾ。


普通に面白かった の感想はテイルズオブゼスティリアが原因でアレルギー起こすようになった


さかなクン、みたいな、動物解説するVtuber、いるのかな


いい出来だった。でも前作みたいにIQ低下とかは起きなさそう。


敷かれたレールの上をなぞっているだけという感じ。2期見た直後に1期見直すと全てにおいて「粗い」、「雑」というのが分かる。2期1話の感想はそれが全て。


普通というものが何なのかを考える哲学アニメになりそう


ガリア>4年前の今頃にも全く同じ展開があったなあw


全く新しいものならいいのに、ストーリーも一期の焼きまわしなのがな





まぁぼちぼちって感じ。ただ、初回が無難な出来な分、前作のようなミラクルはなさそうな。まだ1話、前作以上にあまり期待せずに見てる。