あにまん情報局!

「あにまん情報局!」はおすすめマンガやネタ画像
さらには話題・最新の作品等をまとめています。
暇つぶし程度でもご覧いただけますので
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 歴史・時代物

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 風吹けば名無し :2018/10/20(土) 11:50:52.85 ID:TuO6ndd3d.net

タイトルと最後のコマな

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【サッカーどこいったんだよwww『実録!サッカー戦士』って漫画がやば過ぎたwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


(出典 www.cmoa.jp)



1 名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)13:24:50 ID:cw6

これはギャグ漫画やろなぁ……


【『はだしのゲン』とかクズだなwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 ばーど ★ :2018/10/12(金) 18:36:12.12

1位・ラオウ、2位・レイ、3位・サウザー――漫画「北斗の拳」35周年を記念して行われたキャラクター人気投票の結果に、ちょっとした驚きが広がっている。

主人公・ケンシロウが五傑入りを逃す一方、ベスト20には原作ファンからするとちょっと意外なキャラの名も。いったい何が? 「月刊コミックゼノン」発行元のノース・スター・ピクチャーズに取材すると......。世代を超えて続く「北斗」人気、その秘密の一端が見えてきた。

■ジュウザの方が一枚上に

「北斗の拳 国民総選挙」と題したこの人気投票は、「週刊少年ジャンプ」での連載開始(1983年)から、35年を迎えたことを記念して実施されたものだ。投票は2018年7~8月にかけてサイト上で受け付け、ケンシロウら主要人物はもちろんのこと、一瞬で敗北したザコ敵や、「ジャギの石像の前で埋められ命乞いをする男」のような名もなき群衆まで、総勢175キャラがエントリーした。連載中、ジャンプ誌上で小規模に実施されたものを除けば、公式による本格的なキャラクター投票は初の試みという。

注目したいのはその結果である。1位は、「世紀末覇者拳王」として覇道を突き進み、ケンシロウと死闘を繰り広げたラオウ。2位には、南斗水鳥拳の伝承者で、ケンシロウとともに戦ったレイ。続いて、「聖帝」を名乗りケンシロウを追い詰めた、南斗鳳凰拳のサウザーが3位にランクインする。

あれ、ケンシロウは?――とランキングを追うと、まさかの6位に。南斗五車星・雲のジュウザ(5位)にさえ一歩遅れを取る。「月刊コミックゼノン」11月号に掲載されたこの結果がネット上で拡散されると、「意外」の声が続出、「どんまいケンシロウ!」「主人公なのに...」といった書き込みも相次いだ。

「ゼノン」発行元のノース・スター・ピクチャーズ(東京都)の広報担当者は、こう分析する。

■「ラオウ1位」は予想通りだった

「『北斗の拳』には、ケンシロウだけでなく、それに匹敵するような強力な印象を持つキャラクターが、多く登場します。投票していただいた方々は、そんなキャラクターに、自分の憧れや理想を投影してくださったのではないでしょうか」

たとえばラオウだ。荒廃した世紀末に自らの覇道を貫き、最期は「我が生涯に一片の悔いなし」の言葉とともに天に帰った。一漫画のキャラながらその生き様は、今も「男の理想」として、テレビや雑誌などでたびたび取り上げられる。「1位は予想通り」と担当者が語るのも納得だろう。

あるいは「義」と「愛」に生きたレイ、「自由」を貫き、短い出番ながら強烈な印象を与えたジュウザら、確かに上位には、大人になった読者からも「憧れ」を誘うようなキャラが並ぶ。

もう一つ、影響を与えたのは、近年のスピンオフだ。「北斗」は今も外伝や、パロディー作品などを積極的に展開しており、特に2013年開始の「北斗の拳 イチゴ味」は、原作の画風を忠実に再現しながら本家ではありえないようなギャグを連発、アニメ化もされる人気作となっている。

今回の投票では、「イチゴ味」の主役であるサウザーが3位に食い込み、また「ターバンの少年」(原作では名無しのチョイ役だが、「イチゴ味」では執拗に登場する)が16位に入った。こうした「イチゴ味」組の躍進は、スピンオフ展開を通じ、今も新しいファンを取り込んでいることの表れだ。

■下位の発表予定「今のところ」ないが...

さらに、「でかいババァの男」(9位)「火炎放射の男」(15位)ら、本編ではあっけなく倒されたものの、ファンの間で「ネタ」として愛され続けている雑魚も、上位に顔をそろえる。こうして見ると、主人公・ケンシロウ6位という一見「残念」な結果は、「北斗」ワールドの層の厚さゆえ、と分析することもできる。

広報担当者も感激しきりだ。

以下全文はソース先で

(出典 www.j-cast.com)


(出典 www.j-cast.com)


(出典 www.j-cast.com)


(出典 www.j-cast.com)


2018/10/12 07:00
https://www.j-cast.com/2018/10/12340791.html?p=all

★1が立った時間 2018/10/12(金) 10:25:45.13
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539318852/


【『北斗の拳』のキャラで人気投票したら、ケンシロウが可哀想過ぎたwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンジャバットマン』のコミカライズや、特撮戦隊キャラクターデザインを手掛ける漫画家久正人の最新刊『カムヤライド』第1巻が発売。古墳時代を舞台に、日本最古の変身ヒーローファンタジーが描かれる。

【大きい画像を見る】漫画『カムヤライド』620円(税別)



『カムヤライド』の作者である久は、2003年に『グレイトフルデッド』でデビューした漫画家。その後『エリア51』『ジャバウォッキー1914』を手掛け、現在は『ニンジャバットマンコミカライズの連載、さらにテレビ朝日系列特撮戦隊キャラクターデザインも担当している。


そんな“ヒーローモノ”に定評がある久の最新作『カムヤライド』では、日本最古の変身ヒーローを描いた物語だ。
舞台は日本各地で覚醒し、叛乱が起き始めた古墳時代。そんな動の時代の中、ヤマトタケル埴輪を媒体に、の強大なに対抗することができる“カムヤライド”へと変身した……。


漫画『カムヤライド』は、620円(税別)で発売中。また、2018年10月27日書泉グランデにて第1巻購入者を対にした「久正人 サイン会」が開催。さらに「リイド社広報室」公式Twitterではプレゼントキャンペーンも行われる。各種詳細は公式Twitterまで。

概要
雑誌名 :カムヤライド 第1巻
発売日 :2018年10月12日金曜日
定価  :本体620円+税
ページ数:192ページ
:B6判

久正人 サイン
日時:2018年10月27日(土) 13時より
会場:神保町書泉グランデ2階コミックロア
イベント参加方法:
『カムヤライド』第1巻を書泉グランデにて購入された方にサイン会参加券を配布いたします。
・店頭受付 10月12日10:00~
電話受付 10月13日17:00
店頭受付で参加券配布終了した場合、電話受付はございません。
メールでのご予約は受け付けておりません。ご了承下さい。
*本イベント写真撮影可となります。

■単行本発売記念Twitterプレゼントキャンペーン
リイド社広報室[公式](@LEED_PR)のTwitterアカウントにて、プレゼントキャンペーンを実施いたします。
応募方法:当該アカウントをフォロー&リツイート
賞品内容:久正人 直筆サインイラスト入りクオカード×3名様【ほかの画像を見る】漫画『カムヤライド』620円(税別)

漫画『カムヤライド』620円(税別)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『カムヤライド』日本最古の変身ヒーローを描く超絶アクション漫画かここに爆誕!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アニメの「サザエさん」(フジテレビ系)は、舞台設定に昭和の雰囲気があふれていることでも知られている。だが今回の人物描写はさすがに時代錯誤すぎるのではと、視聴者も首をかしげているようだ。


 10月7日の〈数の論理〉という回では、会社帰りのマスオデパートネクタイを買いに行くシーンを放送。そこでマスオは大勢の女学生バイトに驚くも、自分に似合うネクタイを見たててもらい、購入したのだった。そのシーンについてアラフィフのライター摘する。

「ここに描かれた女学生バイト全員セーラー服姿だったのです。かつては学生バイトだと一で分かるように企業側でもあえて学校制服を着せていたものですが、それが一般的だったのはせいぜい昭和50年代まで。私が学生の頃にはすでに、バイト時には学校制服から着替えるように導されていました。


現在では学校側がバイト時の制服着用に難色を示すでしょうし、女学生だと制服から学校がバレてしまう恐れもあります。そのため現在ではセーラー服のままで働いている学生を見る機会は皆無でしょうね」

 とはいえサザエさんでは未だに黒電話を自宅で使っているなど、昭和的な描写にこだわっているのは視聴者も納得済み。それな昭和50年代以前のアルバイト学生が描かれていてもおかしくはなさそうだが…。

「親子で観ることの多い『サザエさん』ですが、親のほうも40代以下というが多いため、家族全員が『なぜアルバイトなのにセーラー服なの!?』と不思議がっていたのが現実視聴者にとって意味不明シーンでは、いくら昭和懐古な作でも理があります。


しかも今回の描写については昭和の雰囲気というよりも、その女性店員たちがアルバイト学生であることを示すための記号としてセーラー服を描いた可性のほうが大きいですね。しかしそれは『女学生セーラー服』というイメージの固定化であり、下手をすれば女性差別と捉えられかねません。制作のなかにこの描写に異を唱える若い人がいなかったのかと、疑問に感じます」(前出・ライター


 そもそもデパート高校生を販売員としてアルバイト採用するのも、平成現在では聞かない話。来年には平成が終わろうというのに、「サザエさん」の昭和懐古ぶりはやむところがなさそうだ。

根麻子)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【時代錯誤】『サザエさん』下手したら女性差別の表現をしてしまう…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

要潤 
(C)まいじつ

今年4月実写映画化が発表された、『週刊ヤングジャンプ』で連載中の人漫画キングダム』。10月9日、同映画製作報告会見にて出演キャストが発表され、原作ファンの間で賛否両論を巻き起こしている。


主人公の信に抜されたのは『DEATH NOTE』や『ジョジョの奇妙な冒険』など、数々の漫画実写化作品に出演してきた山賢人。山は連載10周年を記念した同作の特別動画プロジェクトでも信を演じており、今回で2度の起用となった。

しかし山は特別動画開時、「もっと原作ファンが喜ぶようなキャストに依頼するべき」「優しいだから信の気迫る感じが出ない」と不評を買っていた人物。今回のキャスト発表でも厳しいは健在で、「納得いかないし違和感しかない」「他に適役がいるはず」と否定的な反応が立っている。


また、の六大将軍・王騎を演じる大沢たかおにも厳しいが。同キャラは「怪鳥」と恐れられる最強将軍で、劇中屈人気キャラクター。そのため原作ファンからは「好きな役者だけど何かイメージと合わない」「役作りであのガタイを再現できるのかよ?」「もっとガチムチ役者じゃないと違和感がある」と不満のが多くあがっている。

 

『キングダム』実写版の評価が真っ二つ!良いキャスト、悪い配役は誰?

一方で期待されるキャストも

実写映画にありがちなキャストへの批判的な立つ一方、好意的なが上がる俳優もいる。成キョウ役の本郷奏多はその1人で、原作ファンからは「他のキャスティングは不安だけど、本郷奏多は合ってると思った」「本郷奏多はハマリ役じゃない?」といった反応が。王の血筋ながら暴虐で残虐という成キョウを、クールイメージの強い本郷が演じることは“ぴったり”だと受け入れられているようだ。

また騰役の要潤端和役の長澤まさみエイ政役の吉沢亮といったキャスト原作ファンにとっては好印のよう。ツイッターには

くん政役か。美形だし合ってるね》
実写化と聞いて拒否反応起こしたけど、長澤まさみは悪くないな》
要潤の騰は見てみたい! 絶対面いわ》
《騰を要潤がやるってのはジワるwww楽しみすぎるわ》
《騰役・要潤という字面だけで笑った。これだけで見てみたくなる》
まさみの美貌と端和役は絶対相性抜群》

といったが溢れている。

キャストを見る限り、原作ビジュアルになるべく添うように俳優たちを起用した感じがありますね。騰役の要潤なんて原作の雰囲気そのままになることが容易に想像できます。原作のように要潤が『ファルファル』と言ったら、劇場は笑いに包まれるでしょう」(アニメ記者

漫画作品の実写化には、原作ファンからの批判がつきもの。果たして『キングダム』の映画版はいかなる評価で受け入れられるのだろうか。

 



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【実写版】『キングダム』のキャスト、お前はいいけどお前は要らねwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さん、涙活してますか? 1カに2~3分、思いっきり泣くことで心のデトックス、ストレス解消ができるらしいですね。ストレスフル日常を送る現代人にはピッタリといえます。ちなみには先日、足の小をタンスにぶつけて強制的に涙活しました。むしろ、ストレスがたまったんですけど……。


 で、今回は涙活にも使えそうな、泣けるマンガを紹介したいと思います。連載当時は、主人公たちのあまりに悲惨な遇が大反を呼んだものの、わずか単行本2巻で打ち切られてしまうという二重の意味での悲しさを背負った作品でもあります。


『飛ぶ教室』は1985年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていた作品で、作者はひらまつつとむ先生文字通り、あまりにブッ飛んだタイトル名に「教室が飛ぶわけねーだろ! ヤク中かよww」と子ども心に思っていたのですが、後になって、実はドイツの同名の児童小説『飛ぶ教室』から取ったものだと知り、随分と恥ずかしい思いをしたものです。

 ある日突然東京水爆が落とされ、関東一円は壊滅状態となる中、たまたま核シェルターにいて生き残った新任の女性教師小学生たち。放射能濃度が下がるまでシェルターで1カ近く過ごし、いざ地上に出てみると、そこはまさに地獄絵図だった……という、当時の少年マンガ王道を行くジャンプ掲載作品でありながら、非常に生々しい、かなりマジな雰囲気のマンガでした。


 登場人物たちはみんなかわいらしいのですが、水爆の影でグシャグシャになった廃墟や死体はやたら劇画調でリアルに描かれており、そのギャップがまたなんともいえない恐ろしさを醸し出しています。

■『はだしのゲン』の数倍悲惨!

 そこら中に死体が転がり、自分たち以外は人生き残っていない世界。『はだしのゲン』の数倍悲惨な状況で生きていけっていうんですから、小学生にとっては非常に過酷です。

 放射能に汚染されていない食物やめ、命がけで危険な廃墟に乗り込んだり、変わり果てた姿の親と再会したり、シェルターに閉じこめられた赤ん坊を救出したり……いたいけな子どもたちに襲い掛かる苦難の連続。作品序盤にして、この先の展開を考えただけでも号泣必至です。

■常に誰かが泣いている

『飛ぶ教室』のキャラクター主人公オサムガールフレンドみっちゃん、一番の秀才でリーダー格のサトル、そして一の大人である担任の北川先生です。

 主人公であるはずのオサムは心優しき少年ですが、イマイチ頼りなく、何かにつけて泣きだし、リーダーのサトルに頼りっきり。主人公がこんな感じの上、数ページを開くたびに不安になった子どもたちのかしらが泣いています。

 北川先生美人で男前で生徒からの信望が厚く、的確な示を出してくれる頼りになる存在ですが、実は死の灰を浴びて余命幾ばくもない状態。吐血したり、髪の毛が抜けたりして確実に死期が迫っているのですが、生徒に心配させまいと、それをひた隠しにしているのです。ここがまた読者にとってはスゴい泣きポイントになっています。まさしく、どこから読んでももらい泣きできる作品といえるでしょう。

■サトルがハイスペックすぎる!

 北川先生が半病人のため、実質的なとなるのが秀才キャラのサトルです。放射能に関して豊富な知識を持ち、とにかく冷静沈着で大人の態度を併せ持っています。小学生のクセにやたら頭が良く、廃墟になったコンピューター会社に潜入。スーパーコンピューターをハッキングしてデータを取り出すシーンがあったり、線機を修理したり、水力発電機を設計したりと、飛び抜けてハイスペック。サトルクラスが数人いれば、核のなんか屁でもなく、なんなら世界制覇も可かもしれませんが、いかんせん他のメンツが至って普通小学生なので、そうそううまくいきません。

■ラブシーンに癒やされる

 とにかく登場キャラクターがこぞってメソメソしがちなマンガなのですが、一の癒やしともいえるほのぼのシーンが、オサムみっちゃんラブシーンラブシーンといっても小学生同士ですから、2人でベタベタしているくらいのものなのですが。

 オサム主人公のクセしてたいして役に立たないのに、ガールフレンドとはしっかりラブラブしているというのが、わりとイラッとするのですが、ひらまつ先生のかわいらしい画のせいで、そのへんも含めてほほえましい感じになっています。

■救いがないラストシーン

 作品のラストでは、死の灰に侵された北川先生が、ついに亡くなってしまいます。精的支柱を失った子どもたちがこの先どうなってしまうのか、肝心なところがわからないまま、なんとも救いのないラストを迎えます。

 それもこれも、作品が打ち切りになってしまったから。確かに「友情・努・勝利」のジャンプ的な要素がない地味マンガではありましたが、単行本の巻末では

「こんなすばらしいマンガはじめて!」

わたしの心から消えることはないでしょう!」

「飛ぶ教室クラス人気者!」

「恐ろしい戦争なんてやめて!

みたいな読者からの反が寄せられており、もう少し続いていても全然不思議はなさそうな感じでした。

■打ち切り理由も悲しい

 後にひらまつ先生オフシャルサイト上で、実際のところ人気はまずまずあったが、放射能というテーマが当時のジャンプとしては重すぎ、編集部から終了を言い渡されたとのことです。やはり大人の事情だったのですね。継続していれば後世にり継がれるような名作になっていた可性があるだけに、なんとももったいない話です。

 しかし、先のサイトによれば、オサムたちのその後を描いた『飛ぶ教室 第2部』の制作を進めており、2018年発売を予定している、との記述があります。車田正美先生の『男坂』がそうだったように、『飛ぶ教室』も30年の時をえてまさかの続編が出るのか!?

 ただ、もう18年もけっこうな後半に差しかかっていますが……。奇跡が起こることを願っています。

(文=「BLACK徒然管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリクマンガ読み過去記事はこちらから

『飛ぶ教室』(集英社)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【思いっきり泣いてストレス解消!!『飛ぶ教室』を読んで号泣不可避!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 muffin ★ :2018/10/09(火) 12:52:53.17

https://www.oricon.co.jp/news/2120939/
2018-10-09 12:25

 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『キングダム』の実写映画製作報告会見が9日、都内で行われ、監督&メインキャスト9人が発表された。主人公・信役を俳優の山崎賢人(24)、エイ政役を吉沢亮(24)、楊端和(ようたんわ)役を長澤まさみ(31)、河了貂(かりょうてん)役を橋本環奈(19)らが担当。監督は『GANTZ』『いぬやしき』『BLEACH 死神代行篇』など、数多くの漫画作品の実写映画を手がけた佐藤信介氏(48)が務める。また、公開日は2019年4月19日に決定した。

 同作の実写映画化は初の試みで、今年4月にコミックス第50巻が発売されたことを記念して始動。その際、キャスト情報は公開されていなかったが、2016年4月に同作の連載10周年記念として実写特別映像が公開されており、この時に信役を山崎が担当していた。そのほか、成キョウ(せいきょう)役を本郷奏多(27)、壁(へき)役を満島真之介(29)、昌文君(しょうぶんくん)役を高嶋政宏(52)、騰役を要潤(37)、王騎役を大沢たかお(50)が務める。

 撮影はすでに4月から中国で始まり、日本国内のロケやスタジオ巨大セットでも実施。山崎は「2年前に連載10周年を記念した映像で出演していましたが、今回、映画にも起用され運命的に感じています。身を削る思い出で撮影させていただきました」と出演に喜び。「信を演じる上で熱さだったり、雑草魂といいますか、この仕事をする上で『どんどん上に行きたいな』という気持ちが信と共感する部分がありました。戦争孤児で奴隷なので、つらい状況があっても乗り切ろうと。役作りは半年間、アクション練習と乗馬練習をしました。信の野生のようにピョンピョン動き回るのは難しかった。アクション指導の方と相談して、やっていて楽しかったです」と撮影を振り返った。

 また、脚本会議に1年間参加し、実写映画に関わっている作者の原泰久氏も「僕自身も脚本に関わらせてもらいました。原作とは異なる場面の追加、改編、せりふを一から生み出したシーンもあり、早く皆さんに観てほしい気持ちでいっぱいです! 僕は5回泣きました…(笑)」とコメントを寄せた。

 この日はポスタービジュアルやメイキング動画、本編動画も解禁された。キャストや監督のほかソニーコロンビア・ピクチャーズ代表のサンフォード・パニッチ氏も登壇した。

同作は紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政の活躍を描いた物語。2006年1月より連載がスタートし、コミックスは第51巻までで累計3600万部を突破。

 13年の「第17回手塚治虫文化賞」で「マンガ大賞」を受賞し、NHK BSプレミアムで12年に第1期、13年に第2期シリーズのテレビアニメの放送、テレビ朝日のバラエティー番組『アメトーーク』の企画でも取り上げられており、ケンドーコバヤシや小島瑠璃子、サバンナの高橋茂雄など芸能界にも多数ファンがいる。


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


【【漫画】『キングダム』映画化に向けて豪華キャスト発表!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 muffin ★ :2018/10/06(土) 11:05:52.44 ID:CAP_USER9.net

https://www.oricon.co.jp/news/2120940/full/
2018-10-06 00:00

漫画家・浦沢直樹氏の『20世紀少年』完結以来11年ぶりとなる新連載のタイトルが『連続漫画小説「あさドラ!」』に決定し、きょう6日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』45号(小学館)でスタートした。

同作は、戦後から現代にかけて可憐にたくましく生きた、ある名もなき女性の物語。第1話では、まだ少女姿の彼女が表紙&巻頭カラーを飾っており、一代記を壮大なスケールで描いていく。

浦沢氏は、1986年より国民的ヒロインとなった猪熊柔の活躍を描いた柔道漫画『YAWARA!』、93年より女子テニス選手の現在の躍進を予見したような作品『Happy!』を連載。その後99年から『20世紀少年』を連載し、累計2800万部を突破、実写映画化もされた。

 今回は『20世紀少年』完結以来11年ぶりとなる『スピリッツ』での新連載。9月15日に予告として「あのコはいつも走ってる」のコピーとともに主人公の後ろ姿のラフデッサンを公開していた。


(出典 cdnx.natalie.mu)


(出典 cdnx.natalie.mu)


【【新連載】浦沢直樹氏『連続漫画小説あさドラ!』 戦後から現代にかけて可憐にたくましく生きた、ある名もなき女性の物語!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/09/17(月) 19:47:00.544 ID:MlXWMgb3d.net

なんか人気らしいけどあまり話題になってなくないか?


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


【【漫画】『キングダム』みんな読もうぜ!!!!!!!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ