あにまん情報局!

「あにまん情報局!」はおすすめマンガやネタ画像
さらには話題・最新の作品等をまとめています。
暇つぶし程度でもご覧いただけますので
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 医療・病院系


梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。
33キロバイト (4,193 語) - 2018年12月7日 (金) 06:10



1 チンしたモヤシ ★ :2018/12/14(金) 06:45:02.83 ID:CAP_USER9.net

患者が急増中、『コウノドリ』梅毒エピソードを緊急無料公開!
梅毒患者数が現行集計方式で最多に
現代ビジネス編集部 20108/12/14
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58964

●爆発的に増加している梅毒患者

患者数が48年ぶりに6000人を超えるなど梅毒が爆発的に流行していることを受け、『コウノドリ』梅毒エピソードを緊急無料公開。梅毒は“昔の病気”でも、“人ごと”でもない。


(出典 gendai.ismedia.jp)


梅毒エピソード(4話分)はこちらから
https://comic-days.com/episode/10834108156639862321

【無料期間:12月14日~12月20日】

梅毒エピソードも収録の最新単行本25巻は12月21日(金)発売


関連
【医療】梅毒患者の性風俗の利用歴・従事歴を確認へ 患者増加で国が対策
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543303452/
【大阪】梅毒感染、今年累計1000人超…女性は20代多く、主婦OLに広がりか ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542784951/
【医療】梅毒の患者5811人、最多に…国立感染症研究所が発表
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542075465/


【【緊急事態】全国で性病(梅毒)が急増中!! 対処方として『漫画・コウノドリ』を無料公開wwwww】の続きを読む



【【画像】めちゃくちゃ共感できて面白い漫画がこれwwwww】の続きを読む



【最高の『エロ漫画』かと思ったら、まさかの展開に涙…】の続きを読む


 細胞を擬人化し人体の仕組みを紹介する漫画「はたらく細胞」が今夏のTVアニメ化を機に人気に火が付き、教育現場でも「分かりやすい」として、福井県中学校ではテストで、配達員女子「赤血球」の画像が使用された。読後に理科への関心を深める生徒もおり、理科系の学習漫画になる新領域の作品として注目されている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

無償提供されたキャラクター画像「赤血球」(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【漫画】『はたらく細胞』がテストに出題!!】の続きを読む


山本航暉「ゴッドハンド」の生原稿が、Yahoo!オークションに出品されている。

【大きな画像をもっと見る】

ゴッドハンド」は、2001年から2011年まで週刊少年マガジン講談社)にて連載されていた医療マンガゴッドハンドと呼ばれるを持つ外科医・の成長を描く物語で、全62巻が発売された。また2009年にはドラマ化もされている。


山本はこのたびの出品理由について「平成最後の年に自分のけじめをつけるべく、思い入れのある生原稿を出品することにいたしました」とっており、単行本1巻収録の読み切り、連載第1話、第2話、61巻収録の連載最終回62巻収録の番外編「々の双璧最終回が出品されている。出品の終了日時はそれぞれ異なるため、詳細はYahoo!オークションの各ページにて確認を。

出品中の「ゴッドハンド輝」の原稿の一部。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【貴重】『ゴッドハンド輝』の生原稿がオークションにかけられる!?!?】の続きを読む


除菌消臭剤「シェリスタ」から、人気テレビアニメはたらく細胞デザインの除菌・消臭スプレーが発売される。


同商品は、天然素材100%で作られており、ホタテ殻から抽出した「殻焼成カルシウム」が病原菌やウイルス細胞に含まれるタンパク質を破壊し、菌類を死滅させる。ウイルス・細菌除去のほか、消臭・防カビ効果もある。


商品ボトルには、細菌やウイルスを排除するキャラクター血球(好中球)と、ウイルス感染細胞やがん細胞などの異物を認識・破壊するキラーT細胞デザインされ、血球は「この雑菌野郎っ!」と武器を構え、キラーT細胞は「発見次第2で仕留めろ」と意気込んでいる。11月下旬に発売予定で、価格は1300円(税抜き)。

商品ボトルに白血球&キラーT細胞


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『はたらく細胞』監修、ガチの除菌消臭スプレー発売されるwww】の続きを読む


 2018年夏アニメの中でいちばんおもしろかったアニメネットユーザー投票で決める“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏”2018年10月13日に実施され、作品部門にて『はたらく細胞』が、キャラクター部門で血小板ちゃん1位を獲得しました。

 ここまで高い人気を誇った『はたらく細胞』の魅はどこにあるのか? 9月28日最終回放送を記念して実施したはたらく細胞アンケートの結果から分析していきまます。


●ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏

●はたらく細胞アンケート

いちばん好きなキャラクター(細胞)は?

 まずは、作品に登場するキャラクター人気投票結果から。

 こちらのアンケートでも、根強い人気を誇る血小板ちゃん1位きました!

(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)

 ちっちゃくてかわいらしい見たとは裏、傷口修復のプロフェッショナルとしても知られる血小板ちゃん

 アニメ人気シーン投票1位2位連続ランクインしていることからも、印的なキャラクターであったことは間違いありません。

人気シーン1位第1話09:44ごろ(画像はニコニコ生放送『はたらく細胞』1話上映会より)
人気シーン2位第2話16:24ごろ(画像はニコニコ生放送『はたらく細胞』2話上映会より)

 選出理由について、コメントからは「特に頑っている姿がまるで天使。いや、天使としか言えない」「小さくてもしっかりと仕事を全うする姿に心打たれた」といった意見が。

 ただカワイイだけではない、堂々たる仕事ぶりも人気につながっているようです。

 一方、作中で登場した細胞の中でいちばん好きなリアル細胞投票では、血球トップに。

(画像は『はたらく細胞アンケート結果発表』ページより)

 拡大写真の、焼く直前のハンバーグのような姿は「どこかで見たことがある!」という方も多いハズ。

 キャラ人気では3位となりましたが、“細胞酸素を配達する”という重要な役割を担っていることもあり、身近さ親しみやすさで右に出る者はいないと言えます。

もし『はたらく細胞』のキャラクターといっしょに働くなら?

 続いて「登場キャラクターであなたが“○○”にしたいキャラは?」という質問。同僚取引先という3テーマ投票を集めました。

 ひとつ、上役でランクインしたのは血球(好中球)さん。

 1アニメで何度も血球の窮地を救ったり、奮闘する血球をかげながら見守ったりと面倒見のよさがりました。

(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)

 また、2位にはのごときほほえみと、のごとき強さを併せ持つマクロファージさんが選出。こちらも、上になってくれたら頼もしいことこの上なさそうです。

 ふたつの同僚役では、主人公血球が貫1位に。方向音痴かつ巻き込まれ体質の血球がそばにいたら、毎日退屈しなさそう……!

 それでも、地な努を積み重ねて日々成長していく彼女の姿に、勇気をもらえたという視聴者も多かったのではないでしょうか?

(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)

 2位に、上役でトップだった血球(好中球)さんが選ばれているのも興味深いところ。

 血球視点では頼りがいのあるお兄さんですが、同僚の血球が相手ではいじられキャラになることが多い、彼らしい結果とも言えます。

 3つの取引先で選ばれたのはヘルパーTことヘルパーT細胞

 見たキリッとしていますが、じつはおっちょこちょいスキだらけ……という人柄なので、商談などの場でも優しく接してくれそうですよね。

(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)

 キラーT細胞をまとめるリアルの彼が、上役ではなく取引先役で1位となったことも、何となくうなずけます。

アニメ『はたらく細胞』でいちばん“ためになった”は?

 最後は、アニメ各話でいちばん関心度の高かった回アンケート1位に躍り出たのは、第11話「熱中症でした。

いちばんためになった回は?
1位 第11話「熱中症」 視聴ページ
2位 第7話「がん細胞」 視聴ページ
3位 第5話「スギ花粉アレルギー」 視聴ページ

 こちらは記録的な猛暑となった“平成最後の夏”を過ごした々にとって、タイムリーすぎた話題。

 体温と汗腺の関係性や、体温上昇によって起こる諸症状をわかりやすく描き、まさに“ためになる回”となっていました。

 2位第7話「がん細胞についても、がん研究者の大須賀覚さんが絶賛したことで話題に。


 健康という身近なテーマを扱っている作品なだけに、事実に正確な描写が徹底されているのはありがたいところです。

(画像はニコニコ生放送『「はたらく細胞」1話~12話振り返り一挙放送』より)

 ちなみに本作は、1話~12話振り返り一挙放送後のアンケートでも“とても良かった”、“まぁまぁ良かった”を合計して98.3%マーク

 こんなところからも、視聴者満足度の高さが伺えますね。

『はたらく細胞』の魅力とは

 アンケート結果はいかがだったでしょうか?

 血小板ちゃんをはじめとする魅的なキャラクターたちや、事実に基づく体内メカニズムの描写など、作品の見どころを再確認できたことと思います。

 これら総合的なおもしろさが、多くのネットユーザーから支持を集める結果になったのでしょう。

●ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏

●はたらく細胞アンケート

(C)清水講談社アニプレックスdavidproduction

―あわせて読みたい―

真剣な表情の血小板ちゃん超きゃわわ! 3分で振り返る『はたらく細胞』第12話盛り上がったシーン

第1話が100万再生を突破した話題のアニメ『はたらく細胞』のココがスゴイ! 人気のカギを握るのは小っちゃくてかわいらしいあの子?



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【今年の夏アニメと言えば『はたらく細胞』だから、徹底分析してみた!!】の続きを読む


 テレビ放送が終了したアニメはたらく細胞」が、劇中で使われた擬人化された細胞たちの画像の一部を教育機関や医療施設などへ提供する活動をスタートさせています。何という対応!

【画像】提供される画像の一部


 同作中には、血球(CV:花澤香菜さん)や血球(好中球・CV:前野智昭さん)を始め、多数の細胞や細菌などが擬人化キャラとして登場。さまざまなストーリーに沿いながら、それぞれの細胞の働きが分かりやすく表現されていました。そんな内容に、全学校や学会、学生たちから「作品を授業やレポートの資料として使用したい!」とのが多数寄せられたとのこと。実際、医療の専門からも熱い眼ざしが送られていました。


 これを受け、各細胞キャラの画像素材提供を決定。使用にあたっては、「教育機関、医療施設等の関係者である」「教育機関や医療施設等での各種説明などのみの利用とし、一切の商業利用を致しません」「その他、序良俗に反しない使用を致します」の3点のレギレーションに合意の上、公式サイトからダウンロードできるようになっています。

アニメは終わっても細胞たちは働き続ける


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【神対応】『はたらく細胞』キャラクター素材を未来の日本のために無料提供!!!】の続きを読む



1 名無しさん@涙目です。 :2018/09/09(日) 23:35:50.28 ID:/E7NXVsQ0●.net BE:601381941-PLT(13121)


日本の漫画「はたらく細胞」が大人気 主役は体の中で年中無休で働く細胞

この夏、漫画家・清水茜の漫画「はたらく細胞」のテレビアニメ版が世界中で大ヒットした。
中国の動画共有サイト「bilibili(ビリビリ)」の新作再生回数ランキングでは現在もトップをキープしている。
また、日本の生物の授業でも使われているほか、医学界の専門家の間でも好評を博している。
中国青年報が報じた。

ヒトの体内には37兆2千億個もの細胞が年中無休で働いており、体は細胞にとって工場のようなものだ。
清水茜は、数が最も多い赤血球を赤い帽子をかぶった宅配便スタッフのようなキャラクターにしたてており、
彼らは血管の中で、酸素や二酸化炭素をせっせと体中に運ぶ。また細菌やウイルス、寄生虫が体内に
侵入すると、血管内をパトロールする「警備部隊」の白血球がそれを見つけるや否や鬼神の如く戦う。

このようにどんな小さなハプニングでも、体内では大きな災難となりかねない。

清水茜の手にかかれば、ちょっとしたすり傷は、赤血球の目の前で突如大規模な爆発が発生し、
ぽっかり大きな穴が出現するという「大事件」になり、刺身に潜む寄生虫・アニサキスは、ミクロの世界では
怪獣のような姿で胃壁を食い破って大暴れ。直径わずか30ナノメートルのスギ花粉が体に侵入すると、
星が地球に激突するかのように免疫細胞が過剰反応し、アレルギーを引き起こすといった具合だ。

そうしたストーリーが展開する漫画「はたらく細胞」はある「偶然」から誕生している。それは清水茜の妹が
学校の授業で細胞のことを習っている時に、「これ(細胞)をマンガにして覚えたいから、読み切りを1本書いてほしい」と
頼んできたことがきっかけだったといい、まさに姉の妹に対する「愛の産物」がこの作品を生んだということになる。

(略)

清水茜は取材に対し、「作品で題材にする怪我や病気は年齢や性別が特定されないものを中心に描いている」と
話す。どの「戦い」も誰にでも起こりうるものであり、誰もが共感できる内容になっているのだ。

そして戦いが終わると、毎回小さな「血小板」が現れ、戦場をきれいにしてくれる。実際の血小板の大きさもわずか
1-4マイクロメートルだが、「はたらく細胞」でも幼い子供の姿をしたキャラクターとなっており、集団になって血栓を
作り傷口を塞ぐ。

落ち込んだり、元気が出ない時には、体の中で頑張っているこうした細胞たちを思い出してみよう。細胞たちは体の中や
血管の中で、年中無休で働いており、私たちの命を支えてくれている。細胞たちは、自分の功績をひけら*こともなく、
働き続けてくれているのだ。(編集KN)


(出典 j.people.com.cn)


(出典 j.people.com.cn)


「人民網日本語版」2018 年9月7日

http://j.people.com.cn/n3/2018/0907/c206603-9498287.html


【【世界的ヒット】『はたらく細胞』見てたら賢くなること間違いなし!!!】の続きを読む

このページのトップヘ