あにまん情報局!

「あにまん情報局!」はおすすめマンガやネタ画像
さらには話題・最新の作品等をまとめています。
暇つぶし程度でもご覧いただけますので
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 声優

    このエントリーをはてなブックマークに追加

水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日 - )は、日本の声優、女優、歌手、ナレーター、ラジオパーソナリティ、作詞家、タレント。 愛媛県新居浜市出身。堀越高等学校、代々木アニメーション学院声優タレント科卒業。シグマ・セブンとKING AMUSEMENT CREATIVEに所属。公式ファンクラブは「S
233キロバイト (19,642 語) - 2018年6月9日 (土) 13:42


ff604a5a.jpg

(出典 www.billboard-japan.com)



1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/06/12(火) 07:17:02.316

エッッッッッッッッッ

(出典 i.imgur.com)


【【速報】水樹奈々さん(38)、水着姿を披露しファン悶絶wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


(出典 www.kobedenshi.ac.jp)



1 muffin ★ :2018/05/31(木) 18:20:57.43 ID:CAP_USER9.net

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/
2018年05月30日 11時00分

 俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

 前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。3年ぶりに主人公・オーウェンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

 一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ~。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

 新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

 最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。ただ木村さんは普段からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

 ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

 今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。


(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


★1が立った日時:2018/05/30(水) 12:40:06.11
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527688640/


【【裏事情】洋画の吹き替えにプロの声優が抜擢されない理由に唖然・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


(出典 amd.c.yimg.jp)



1 朝一から閉店までφ ★ :2018/06/29(金) 20:25:58.67 ID:CAP_USER.net

 テレビ朝日の国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」(金曜後7・30)の主人公・野原しんのすけの声を1992年4月13日の番組スタートから26年間にわたり演じてきた声優の矢島晶子(年齢非公表)が29日の放送をもって降板した。出演は通算1047回を数え、卒業した。

 矢島の最後の放送は「野原家プリンウォーズだゾ」「防衛隊の会議だゾ」。最後に、約35秒のショートエピソード「いつものオラだゾ」。しんのすけの何気ない日常が描かれ「あ~、オラ、毎日楽しい」が“矢島しんちゃん”の最後のセリフだった。

 インターネット上には「最後、ホントに何ともない日常の小話だからこそ涙が止まらなかった。矢島さん、お疲れ様でした!たくさんの思い出をありがとうございます!」「矢島さんの送り出すため、
しんのすけの日常っていう短い回を差し込んで、今までありがとうって感じ。スタッフの愛だね。『オラ、毎日楽しい』の最後のセリフはジーンと来た。矢島さん、お疲れさまでした」「『いつものオラだぞ』。
最後の最後にサプライズ。物心つく頃からずっと見続けてきただけに寂しさは拭えないですが、初回からここまで野原しんのすけを演じ続けてこられた矢島さんにありがとうとお疲れさまの言葉を贈りたい」などと労いと感謝の声が相次いだ。

 降板は今月1日に発表。矢島から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」などと局側へ申し出があった。矢島は同局を通じて「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、
役としての自然な表現ができにくくなってしまったため」と降板の理由を説明。今後も声優として活動を続けることを明かし「また別の機会に他のキャラクターで私の演技を受け取っていただけましたら幸いです」とした。

 後任の2代目しんちゃんは声優の小林由美子が務めることが14日に発表。同局を通じて「このような大役を仰せつかり、光栄とともに責任の重さを痛感する毎日です」と心境。
第1話から見直して勉強を重ねているといい「この凡人ではとても思いつかないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです」と初代への思いを言葉にした。初登場は7月6日。

[ 2018年6月29日 19:55 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/29/kiji/20180629s00041000249000c.html


(出典 Youtube)


【『クレヨンしんちゃん』声優の矢島晶子引退… 最後のセリフ「オラ、毎日楽しい」に涙が止まらない!!!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ