あにまん情報局!

「あにまん情報局!」はおすすめマンガやネタ画像
さらには話題・最新の作品等をまとめています。
暇つぶし程度でもご覧いただけますので
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 新連載・打ち切り

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【元記事をコミックナタリーで読む】

久保保久よんでますよ、アザゼルさん。」が、本日12月11日発売のイブニング2019年1号(講談社)にて最終回を迎えた。

【大きな画像をもっと見る】


2007年より同誌にて連載開始された「よんでますよ、アザゼルさん。」は、下級悪魔のアザゼル篤史や芥辺探偵事務所の芥辺、その助手・佐隈りん子らが繰り広げるギャグ作品。最終16巻は2019年2月22日に発売される。2011年2013年TVアニメ化されており、今号にはアザゼル篤史役の小野坂昌也、佐隈りん子役の佐藤利奈、芥辺役の浪川大輔ベルゼブブ優一役の神谷浩史、堂珍光太郎役の白石涼子、監督の水島努キャラクターデザイン総作画監督の谷口淳一郎からのコメントが掲載された。


そのほか今号ではイブニングによる新たな新人賞「e-cup」の募集を開始。全応募作品の中からトップの評価を獲得した作品は、賞の種類を問わず本誌もしくはコミックDAYSでの連載が確約され、連載準備金として50万円が贈呈される。第1回の応募締め切りは2019年3月31日。応募方法の詳細は誌面およびWebサイトモアイにて確認を。

また12月25日発売のイブニング2号より「累 ―かさね―」の松浦だるまによる短期連載「今/渦子往くこはく色のはて」がスタート。さらに2019年1月9日発売の3号より、「羊のうた」「イエスタデイをうたって」の冬目景による新連載「空電の姫君」が連載開始される。

「よんでますよ、アザゼルさん。」扉ページ。


(出典 news.nicovideo.jp)

よんでますよアザゼルさん。』は、久保保久による日本の漫画作品。青年漫画誌『イブニング』(講談社)にて、2007年21号から2019年1号まで連載された。単行本は15巻まで刊行中。 善人とは言い難い人間と、性悪悪魔が繰り広げる騒動を描いたギャグ漫画である。悪魔達のマスコットキャラクターのような可
104キロバイト (11,288 語) - 2018年12月11日 (火) 08:53



<このニュースへのネットの反応>

【【完結】『よんでますよ、アザゼルさん。』ファンから惜しまれつつも連載終了…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 しじみ ★ :2018/12/07(金) 15:12:01.81 ID:CAP_USER.net

本日12月7日に発売された週刊漫画ゴラク12月21日号(日本文芸社)にて、高橋よしひろ「銀牙~THE LAST WARS~」が最終回を迎えた。

「銀牙~THE LAST WARS~」は「銀牙 -流れ星 銀-」で、主人公の銀たちを苦しめた人食い熊・赤カブトの子供にあたるモンスーンと、犬たちの戦いを描いた物語。週刊漫画ゴラクにて2015年より連載され、同じく本日単行本最新20巻が刊行された。なお今号では高橋の次回作も近日中に登場することが告知されている。


(出典 cdnx.natalie.mu)


コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/311183


【ついに完結!『銀牙〜THE LAST WARS〜』←そしてすぐ連載開始!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

三者三葉 (カテゴリ 漫画関連のスタブ項目)
バタギャグストーリー。タイトルは四文字熟語「三者三様」から。本来の意味であるそれぞれ性格の違う3人ということに加え、3人ともに「葉」の字が名に付くことに由来する。 小田切 双葉(おだぎり ふたば) 声 - 金澤まい 16歳→17歳。一年三組→二年三組。漫画では彼女の視点で描かれている。普段は白のハイ
37キロバイト (4,913 語) - 2018年12月7日 (金) 06:10



1 しじみ ★ :2018/12/07(金) 15:08:53.13 ID:CAP_USER.net

荒井チェリー「三者三葉」が、本日12月7日発売のまんがタイムきらら2019年1月号(芳文社)にて最終回を迎えた。

「三者三葉」は、名前に「葉」の字が付く3人娘を中心に展開されるスクールコメディ。同誌2003年2月号でスタートした作品で、きらら最長連載となっていた。今号には完結記念として、異識、野々原ちき、湖西晶、ねこうめからのコメントレターが掲載。単行本最終14巻は2019年1月25日に発売される。

また今号では、ひさまくまこの新連載「一畳間まんきつ暮らし!」が開始。マンガ喫茶が生徒の寮になっている変わった高校に入学した少女・森田芽衣子が、店で働きつつ学校へ通う姿を描く。同作は過去にゲスト作品として掲載され人気を博していた。


(出典 cdnx.natalie.mu)


コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/311208


【【奇跡の長期連載】『三者三葉』がついに連載終了…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


1 自治郎 ★ :2018/12/04(火) 21:59:37.05 ID:CAP_USER9.net

高橋留美子の新連載が、2019年早春に週刊少年サンデー(小学館)にて開始予定であることが明らかとなった。

高橋がサンデーで連載を行うのは、昨年12月に完結した「境界のRINNE」以来。これまでにも「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」とサンデーで人気作を発表してきた高橋が次に描くのはどんな“るーみっくわーるど”か、ファンは楽しみにしておこう。

また12月26日発売の4・5合併号には、「だがしかし」のコトヤマによる読み切り「いとおかし」が登場。2019年1月9日発売の6号からは3号連続にて、大柿ロクロウによる「映画刀剣乱舞」のコミカライズ版が掲載され、1月23日発売の8号からは三ツ橋快人「RYOKO」の連載が再開される。

さらに12月12日発売の2・3合併号では西村啓「妹りれき」、12月26日発売の4・5合併号ではひらかわあや「FIRE RABBIT!!」、1月9日発売の6号では福井あしび「アノナツ -1959-」、1月16日発売の7号では三簾真也「水女神(ウンディーネ)は今日も恋をするか?」といった新連載が続々とスタートする。詳細は少年サンデーの公式サイトおよび明日12月5日発売の1号にて確認しよう。

2018年12月4日 19:00
https://natalie.mu/comic/news/310728

週刊少年サンデー2019年1号に掲載されている新連載情報

(出典 cdnx.natalie.mu)


【【漫画】あの、高橋留美子が帰ってきた!!『犬夜叉』『らんま1/2』に続く名作誕生か!?】の続きを読む

このページのトップヘ